忍者ブログ
週刊少年チャンピオン連載の漫画『兄妹~少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿~』のファンサイトです。
<< 2017/09 >> 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
seiji
性別:
非公開
自己紹介:
木々津克久先生のファンです。








最新コメント
[12/30 管理人 seiji]
[12/30 管理人 seiji]
[12/07 管理人]
P R
[55] [54] [53] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [46] [45]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第38話「騙された死神」
スマホの調子が悪いので、ケータイショップに立ち寄る蛍。そこにたたずんでいたのは、黒ずくめの男、死神だった。死神は、この店の店員が今夜死ぬと蛍に教える。

今回の登場人物
赤木蛍(あかぎ けい)
町工場「赤木興業」の社長の娘。ミッション系名門校「聖マルス学園」の一年A組。スマホの調子が悪いので、ケータイショップに立ち寄る。店の前に死神を見つけて驚く。死神に、この店の店員が今夜死ぬと教えられる。

幽霊警官(ゆうれいけいかん)
赤木蛍にだけ見える、警察の制服を着たガイコツの幽霊。蛍に、死神の活動は自然の摂理なので妨害すべきではないと伝える。

死神(しにがみ)
黒ずくめの服を着た男。死神で、桐島の命を奪おうとしていた。蛍との賭けに負けて、スマホを貰う代わりに桐島の命を救った。ケータイショップの前で偶然会った蛍に、この店の店員が今夜死ぬと教える。丹波をあの世に連れて行く直前に、死ぬ前に女性経験がしたいと懇願されて、それまでは命を奪うのを待つことにした。しかし、いつまでたっても女性経験をしないため、困り果てて蛍に相談した。

丹波七郎(たんば しちろう)
ケータイショップの店員。35歳。丸顔で、ニコニコと笑顔の接客をする。今夜十二時に急性心不全で死ぬことになっているので、死神が迎えに来た。死ぬ前に女性経験がしたいと死神に懇願して、それまでは命を奪うのを待ってもらえることになった。

桐島静香(きりしま しずか)
キャリア組の女性警察官。警察署の署長。死神によって命を奪われるところだったが、蛍の機転によって命拾いした。

丹波真利奈(たんば まりな)
丹波七郎の姪っ子。いつまでたっても約束を果たさない七郎に業を煮やした死神によって、代わりに命を狙われてしまった。
PR
コメント
コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
© [ BLUE MIRAGE - bm-black ] 忍者ブログ [PR]